半纏特集



「粋」を纏う。
それは自らのアイデンティティや信念を柄にのせて語ることではないだろうか。

「半纏」それは粋の象徴。
自らを表す家紋や屋号、信念や想いを込めた柄を象徴として纏うのである。

この行為・このフォーマットこそが「粋」であると捉える。
過去のものとしてただ眺めるためのものではなく、今着るものとして。
現代のフィルターを通して、未来へつないでいく。
それが私たちの考える今の「半纏」なのである。



HANTEN + KNIT
「編むこと」をテーマに半纏を表現してみる。
インスパイアの源は「ボロ」。
「ボロ」とは端的に言うと、
かつて綿製の羽織を長く大切に着るためにつぎはぎしたもの。
異なる柄・無地・色の濃淡のニットを編んで、それを継いでという作業で構成してみる。
本来の「ボロ」とは異なる手法でありながら、オリジナルへの敬意とともに
一つの解釈としてここに残しておきたい。



柄そのものを編んで表現してみる。
水に関わる柄は火消にとって欠かせない物。
青海波は水を代表する伝統柄。
ざっくりとした編みでこの青海波を表してみる。
そこには、えも言われぬ柔らかさが残った。








  半纏を「藍」で染めてみる。
  藍で半纏を染めること自体は一般的な物。
  そこに異なる柄、色の奥行き、素材のバリエーションを組み合わせてみる。
  すると、それぞれに全くと言って良いほど個性的な表情が現れるのである。
  さらに、自然光に照らしてみる。
  ただ単に青や藍色という表現ではとても言い表しきれない奥行きを感じることができる。
  水、空気、日光をたくさんに浴びて生まれてきたのである。
  自然に調和するのはある意味必然ともいえる。



FABRIC HANTEN
 「織ること」で半纏をつくり上げてみる
  縦糸・横糸が巧みに重なり合って柄を構成する。
  この縦横の組み合わせにより無限のパターンを表現することができるのだ。
  完成品を見て、柄の布と捉えればそれまでのこと。
  ただ、少し時間を止めて、その柄の構成や、背景に思いを寄せてみる。
  柄を表現する巧みさ、縦横が上下左右に踊り出すようなその繰り返しに、
  思わず没頭してしまうのだ。 






PRODUCTS

宝くじイベント開催!
Year-end Coupon Lottery!

Year-end Coupon Lottery!
A chance to win for all purchasers during the period!!!

年終優惠券抽獎!
所有購買者在此期間皆有機會贏得!!!

年末クーポン宝くじ!
期間中お買い上げの方全員に当選のチャンス!!

Learn More (詳しく見る) →

年末クーポン宝くじ!