『黒』は正か負か

「神秘」「優雅」「貴賓」「安定」
「闇」「悪」「死」「不安」


『黒』で連想させるイメージは正と負の両面をもつ。
それは纏うもの次第で変化し、受け手側の心象風景を表す。

では、『深黒』はどうか。
黒より黒い「深黒」という表現。
黒の先の黒。

火消魂が表現したい深黒は、正・負の枠を超えた着る者の内面を表す色でありたい。


黒は本来、光を反射することなく全ての色を吸収、遮断する色とされる。
一方深黒は光を吸収してさらに深く・黒く見せるという技術。
黒のみに作用するもので、他の色では表現できない。


京都紋付の深黒染で表現する「火消黒 HiKESHi BLACK」
黒より黒い深黒加工をベースに、ブランドの象徴でもある火消大紋を大きく目一杯に背中に施す。
我らが象徴を大胆かつ立体的に表し、逃げも隠れもしない素の状態をあえて周囲に届けようとする強力なメッセージ。



HIKESHI BLACK SLAB TEE  
¥10,000+tax  


京都紋付は、日本の伝統的な正装である黒紋付だけを、100年間染め続けてまいりました。
ただひたすら世界一の黒を求め、黒を一層深みのある黒へと。
「体を切ったら、黒い血が出てくるかもしれん。」
先代荒川忠夫のこの言葉が、京都紋付の黒へのこだわりを如実に表しているかもしれません。
黒染めの従来の技術では、深みのある色を出すために何度も下染めを繰り返し、色を重ねていく必要がありました。
大量の染料を使い、多くの手間がかかった黒染めの生地は非常に高価なものでした。
現在では、経験と勘をデータに置き換えて、当社独自の反応染料と深黒加工で、世界水準の究極の黒を完成させています。
京都紋付は、文字通り紋付という独特な着物の世界に歴史を刻んでまいりました。
その意味において、和の黒の第一人者であることを私たちは永遠に使命にしていかなければならないと考えております。
それは同時に歌舞伎役者や舞妓の衣装も染めている京黒紋付染めという伝統産業を未来に継承していくことでもあります。
京都紋付の心の底辺にある“和”に還る精神は永遠のテーマであり、
昔ながらの技術と現代との融合を考え、未来に和の黒を継承していきたいと考えております。


¥5,000OFFクーポン!
5,000yen Coupon Present!

Here is a ¥ 5,000 coupon that you can use right now!

我們將給大家一張¥5,000的優惠券,您現在就可以使用它!

今すぐ使える¥5,000クーポンを皆様全員にプレゼントいたします!

Get Coupon!!(クーポンを獲得!!) →

¥5,000OFF COUPON